2009-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所詮、やられっ子

 おはようございます。
 日々鍛錬と、セクシーコマンドーメイクに磨きをかけているキリコです。
 そんなメイク知らないって方は、とりあえず……ぴゅーっとリコーダーでも吹いててください。
 リコーダーからお肉を出せるようになったら、なんでも言うことききます。

 あれ、こんなこと書きたかったわけじゃないのに。

 ま、そんな日(どんな日w)もありますよね。
 ところで、ブログを始めて二ヶ月になりました。

 もう二ヶ月なのか、まだ二ヶ月なのか、はともかくとして……。
 最近アクセス解析を置いてみたんですが、置く前の推定も考えると、お客様がたくさんです!
 ROMらーの方も、調教師の方も(?)、お兄さんお姉さんも、皆様ありがとございます♪
 ワァー(´∀`*)
 嬉しい半面、羞恥プレイすぎて悶えそうなのは秘密。

 いや、あの……
 自信満々に変顔晒してますけど、一応恥ずかしいんですよ!

 でもほら、個人的に、どうせ載せるなら胸張って載せたいし、見てる人にも、そう。
 なんて体面気にした公表しつつ

 実際はたぶん、恥ずかしさに耐え、身悶えながら、けれども、そんなことおくびにもださず「見て見て~、もっと見て~」とか思ってるんじゃないでしょうか。(他人事w

 あぁ……orz
 ブログ始めてから、Mっぷりに磨きかかってるなんて、気のせいだと思いたいです。

 そんな感じで、音楽聴きながら雑誌読んでたら、ひさしぶりにAちゃんが来ました。
 ※いつもの補足
  Aちゃん、女子大生兼キャバ嬢のお友達。

 部屋がノックされたので、どうぞーっと答えたら
「生きてる?」 
 と言いながら入ってくるAちゃん。
「え、なんでいるの?w まさか勝手に入ってきたんじゃ……」
「チャイム押したしw 上がっていいって言われたから、上がってきたの」
「あ、そう。チャイム、聞こえなかった」
「そりゃ、こんな音量でヴォーッとかやってたら、さあ(苦笑」
「悪ぅござんした。音量下げていいよ」
 僕の気遣いをしっかりと受け取り、コンポまで行くAちゃん。

「ごめん、電源ごと切っちゃった♪ テヘ」 
 ……こいつ!! と思いながらも、面倒なので(?)リアクションは溜息のみでスルーw
「はぁ……で……何用?」
「死んでるか見に来た」
「なにそれ心配してくれたん??」
「そう、優しいでしょ」
「うん、でもそれ……何目的?」
「愚痴に付き合ってくれ」
「いいよ、存分に愚痴って」
「じゃ、モス行こ」
 遅くまでやってるので、夜中にお茶するときは、大抵モスへ行くのが僕らの習性みたいになってます。
「あ、ちょっと待ってて、写真撮るからw」
「自撮り好きすぎじゃね?w」 
「いやほら、人間、明日死ぬかもわからないじゃん?」
 Aちゃんのことも書いてるのでブログやってるのは秘密(爆)
「なにそれww撮ってあげようかww」 
「恥ずいからいいーw」

 ってことでチョロっと準備(スタンドライトの電源入れたりとか)して……
 ササっと撮影。

「モスいってきます!」
kirin.jpeg



「よし♪ 撮れた! ニンマリ(∀`*)」
「なんか今、イラっときたww」
「なんで?!」
「楽しそうでイラっときたw」
「疲れてんの?」
「だから愚痴りたいんだってば」
「あいあい(相当溜まってるみたいw)」

 って感じで、家をでまして、モス行く途中に、コンビニに寄ったら……

 まさかのAちゃん彼氏に遭遇。
 Aちゃん彼氏は、器のちっちゃめな……もとい頭がちょっぴり固い人なので(ぉぃw)女装してようが、僕の中身が灰色だろうがなんだろうが、実質的にAちゃんと男がいるのはご法度になってます。

「こんなとこでなにしてんの」
「煙草買いに」
 チラっとこっちを見て
「はじめまして?」 
 やばww
 奥義を使うには突然すぎて無理なので、いつも通り、無難に笑って逃げましたw
「ニコ(ω`*)」→シュバッ
「自分の彼女の前で、余所見しないでくれるー?w」
「はw そりゃ挨拶くらいするだろw」

 と、なんとか問題もなく、コンビニを出てモスへ。


 いやー、危なかったねーなんて話つつ、モスでドーナツバーガーを食べて、Aちゃんの愚痴を聞いていたら、Aちゃん彼氏が男友達と来ました……。

 激しくピンチw
 どーすんの?! やばいんじゃ?! と、視線で訴える僕。
 いや、この際理解してもらって……と思ったりもしましたが、やっぱ無理ぽw

 喫煙ルームに入ってくる彼氏とその仲間。
 さっきまでの賑やかトークは消えうせ、だんまり。

「またかよw」
「なについてきてんのー?w」
「え、偶然だろ? 偶然に決まってるだろw」
「なにそれー、赤い糸系?w」
「意味わかんねーw」

「ってか、カラオケいかない? そっちの子も一緒でいいし^^」

 うん。
 話をぶった切って申し訳ないんですが、よくよく考えるとちょっと怖いよね。

 自分の彼女がつるんでる子が、もしかすると男かもしれない。
 なんて、思ったら、オチオチ油断もできないというか……?

 僕とAちゃんの場合は、そもそも異性としてみてないので、ありえないけど、そこからもし肉体関係とか浮気だどうのって修羅場になったら、その男の人は、いろいろ信じられなくなって病むの確実?
 うーん、怖い。

 と、女装してる当人が申しております。(ぁw

 で、カラオケに誘われたわけですが、Aちゃん、何を血迷ったか。
「いいけど」

 うぉぃ!?∑( ̄ロ ̄;)

 ぽかーんですよ。
 はあ? ですよ。
 一体全体どうゆう了見だ! と思って流れを見守っていたら……


「にしても、ほんとに……すげえわ」

 え?∑(・ω・ノ)ノ

「これなら信じるっしょ?」
「うん、ってか、なあ?w」
 静かにコーヒーを飲んでたA彼の友達が相槌をうつ。
「確かに」

 状況が読めない僕は、一人できょとん顔です。
 なんて書くと可愛いけど(?)、実際は(;;;゚Д゚;;;)こんなんですから。(ぇ

「ごめん、今日、最初っからこうゆう予定だったんさぁw」

「……へ?」?( ゚ Д ゚ )?

「知ってるから、大丈夫だよ」
「うん」

「え、っと……おとこ? って?」

「うんw」
「うんw」
「うんw」

 …………。

 そうゆうことか!
 っこの女!!
 うわぁぁぁぁあああぁぁ!!!!!(ボイスイメージ:トップをね○え! のりこ)
 ヾ(Д´)ノ

 無駄に気苦労したじゃないかクソ! ファックユーなんだぜ! いまこの場でそのだらしない体に鉄拳をぶち込んで――

「最悪だぁぁぁあああああ」
. .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::: * 。+ ゚ + ・
        ∧ ∧.  _::::。・._、_ ゚ ・    ドンマイ!
       /:彡ミ゛ヽ;)(m,_)‐-(<_,` )-、 *
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::iー-、     .i ゚ +
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  ゝ ,n _i  l
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄E_ )__ノ ̄


 なんでも、Aちゃんが携帯で隠し撮りをしておいた僕を、彼氏に見せたらしい。
 どんな会話があったのかはわかりませんが、なんだか友人認定されました。

 めでたしめでたし。

 と、いうことで、今日は画像1枚という記事ですが、やんロリで頑張ったから許してください(ぁ
 ではでは、読んでくれてありがとでした。

 良かったら、ハメられた僕に、精一杯の慰め(ポチなりパチなりどんまいなり)を残してくれたら嬉しいです♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 ではまた(・ω・)ノシ 

 
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kiriko

Author:Kiriko
人生いろいろ!

♂ですけど、ご理解頂ける方は気軽に絡んでくれたら嬉しいです。 

Twitter

試しに導入

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

過去記事 (51)
日記 (36)
ひとりごと (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。