2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装がバレたようです……@後編

 おはようございます! ドライブが気持ちいいー季節(特に夜)ですね♪(ω`*)
 二輪で走ってる方を見ると、ちょっと羨ましいキリコです。

 今日は比較的涼しかったのもあって、エアコンをつけずに窓全開走行。
 あっという間に流れていく街路樹の緑と、広がる青い空を眺めながら、入り込んでくる新鮮な空気を感じてしまえば……ついつい独り言もでちゃうってーもんです。

「おっほっほー!!」

 満面の笑みで奇声を発しつつ、鉄の塊を走らせる変態女装ドライバーキリコ。
 対向車も、僕を見て思わず指差し確認です。

「右よし、左よし、前……に変な奴」と、思っていたかどうかはわかりませんが、擦れ違いざまに愛の告白を受けました。

「ぁあぃしてるぅぜえー!!(゚∀゚)ノ~」

 どう考えても夏の暑さにやられたのでしょう。
 七月であのテンションじゃあ、彼らは夏を乗り切れることなく死ぬのではないか、と心配になります。(ぁw


 さて、そんなことはともかく……。
 本題なんですが、そのまえにちょいと補足説明をば。

※なぜ、女装がバレて困っちゃうかというと、それを恥じてるとかってわけじゃあなく……。
 知った人がいろんな症状(あの女の子、実は男なんじゃ?症候群とか)になったり、男と思ってもらえなくなるからです。
 女装時に女性に見えるのは、まったくもって喜ばしいことだけど……。
 男モードでいる(自分では)のに、女装時のイメージで接されると、こちらの主張が空振りしてるような感があって辛くなるんです。

 例えばボケやってるのに、「早くツっこんでくんない?」とか言われちゃうみたいな。
 いや、今自分ボケなんですけどー……とかそうゆう感じ。
 その他もろもろ、実際にそういった扱いを受けると結構めんどうなこととか……です。

 ふむぅ。
 書けば書くほど、全然伝わる気がしない!! ので、とりあえず困る! ってことで許してくd(爆死w

 @@@
 
 それでは……前置きはスルー推奨として、本題です。
 女装を見抜かれてから、数日後。

 山田ちゃんとモス○ーガーへ行きました。
 ジュース飲みつつ雑談を始め、話題は映画話を経由して特殊メイクの話に……。

「そういえば、キャシー(仮名)にメイクしてもらえば?」
 キャシーは山田ちゃんの友達(クラスメイトだった人)で、特殊メイクを仕事にしてたりした人。
 キャシーなんて洒落たニックネームですが、日本人女性です。ただちょっと、好みの男性のタイプが“異国の人”というお方……(爆w

「あー、面白そうだけど……うーんw」
 広がっていきそうな自分の女装バレに、若干の悩み(上記の)を感じつつ、ジュースを啜る。アイスレモンティーの底に沈んだレモンをモロにストローで突っ突いてしまい、妙にすっぱ渋い。

「そういえば、キャシー、ドラ○エがどうの言ってたけど……やってるんかな?」
 とかなんとか、どうでもいいキャシー話をした結果……。
「よし、キャシー呼ぼう」
「いいよw」
 言うや否や、山田ちゃん、キャシーへ電話。
 カクカクシカジカでモスにいるから、キャシーもおいでーw ってなお誘い。
 数分後……。

 モス入り口に置いてある傘たてにぶつかって、入っていた傘をブチマケるという豪快な登場を演出しながら、キャシーが現れた。

「傘ぶちまけたんだけどw」
「うんw」
「なんて派手なご登場w」

 キャシーも適当に食べ物を頼み、雑談開始。
 ものの数分で……女装云々の話に。
 そのへんは、なんか長いので割愛しますが、お許しをー。(Д`;)

 話を訊いたキャシー、今にも一人で席を立ってしまいそうな勢いで
「よし、今から行こう!(キリコ宅へ)」
「よし、早速行こう!」
 便乗する山田ちゃん。

 こ、この子ら!!
 超絶省略翻訳通訳すると……。
 目の前で女装しろと言っているらしい。

 完成形を見るだけでなく、変身過程を見せろというのか!

 なんて破廉恥な……。
 セー○ームーンだって、チェンジの最中は見せてくれないのに……(ぁw

「んんんー、今日は、もうすんごい眠いんだよね」
「大丈夫!」
「問題ない!」
「っとー……ほら、最初っからその予定で、腹をくくっている時なら、いいんだけどー……」
「大丈夫!」
「問題ない!」

 駄目だこいつら! 血走った眼に滴る涎。薄っすらと見える(気がする)全身の体毛はまるでケダモノのごとし……。
 もう、人の目をしていない!
 どうしよ……。と、悩んでいる間に、二人……いや、二匹の獣は、さっさか店を出て車に乗ろうとしている。

 戦意喪失とはこのことか。

(やれやれ、困った娘たちだわ)Oo(ー`+)

 なんて余裕はなく、正直胃が痛いキリコさん。
 大きく息を吐いて、2秒。
 まあいいや。と思うことに……(ぉぃw


 @@@

 そして、キリコ宅――。

「うわぁ♪ ヅラDAー!!」
「ヅラDA-!!」

 ハシャいでヅラを被り、“どう?”みたいな顔でこっちを見る二人。
 こっち見られても……ッブフw


「じゃ、始めて始めて」
「うん、全然気にしないでいいよ」

 いきなり素のテンションになるのをやめてもらいたい……(XДX)
 諦めてメイクするために鏡を出し、自分の顔を眺めていると、肩のあたりに人影が……。

「っく、見るな!!!」
「見てない」
「ぜんっぜん見てない」

 ジーーーーーーーーーーーー( ゚  Д ゚  )

(気にしたら負けだ気にしたら負けだ気に……ってかすでに負けてるのか……orz)Oo(XωX)

 女装だからどうとかでなく……
 なにかをする際に、必要以上に注視されるのって、やりづらいのは僕だけじゃないはずw

「もうw 見るなら、女装するのやめるけど?!(Д´;)」

 ッサ(     )

 それから数十っぷん――。
「できた♪(・ω・+)」
「……」
「……」

(アレ? やばい、ミスったかな……w)Oo(Д`;)

「ちょw どなた様?」
「誰だああああああww」

「いや、僕ですけどw」
「……ニセモノめ」
「……○○をどこへ隠した」

 疑いながらも、デジカメと携帯カメラで狙い撃ちを始める二匹。

 らめーそんなに撮られちゃ……
 濡r、じゃなくて勃k(殴

 と言いたいところですが二匹のテンションが高すぎて、逆に冷静すぎるキリコさん。

「と、撮るならこっちの角度からこうやってこうしてくれる?」
「うほw いいよいいよぅw」
「ふ、ふふ、ふふふw 捕らえた(ファインダーに)……w」

 そんな感じで、夜が更けて行きましたとさ……。
 めでたしめでたし。


 記念の、全員変な写真(なら掲載して良いってことなのでw)@妖怪小戦争。

07160XCFRC.jpeg

 左:妖怪女もどき@キリコ
 中:妖怪キャシー熊@キャシー
 右:妖怪全身ビーム@山田ちゃん

 あのね。
 い、一応書いておくと、山田ちゃん、ほんとはすごく可愛いのだけど……
 この写真の山田ちゃん、強烈すg……ゲッフゲフ
 どう見ても負けました(爆w


 ではでは、やたら長くなっちゃいましたが……。
 最後まで読んで頂いた方へ、ありがとござました。(Д`*)
 &掲載遅くなっちゃってすみませぬorz

 良かったら、ポチなりパチなり、一言なりなり、頂けたら嬉しいです!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 皆様も良い一日をお過ごしください♪
 
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kiriko

Author:Kiriko
人生いろいろ!

♂ですけど、ご理解頂ける方は気軽に絡んでくれたら嬉しいです。 

Twitter

試しに導入

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

過去記事 (51)
日記 (36)
ひとりごと (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。